神戸で賃貸物件に入居する前に

subpage01

めったに車も通らないような神戸の住宅地にある部屋ならともかく、24時間ひっきりなしに車が通るような神戸の国道沿いの部屋を賃貸したのならば、防音設備のチエックは入念にしたいものです。昼間はまだしも夜中の騒音は考えている以上に気にかかりますし、第一に安眠ができません。


その意味でも賃貸した部屋のチエックは昼だけでなく、夜にも行いたいものです。
建物は立派でも騒音対策がなっていない賃貸のアパートやマンションも、神戸では多くあります。
その原因は建築会社が採算重視で工費のかかってしまう工事を省いてしまった。
オーナーに知識がなく、施工業者に任せきりにしてしまった。


オーナーに借り手に対する配慮がないといったことが原因です。
防音設備に関する質問をしたときに明確な回答がないような場合には、賃貸するのをやめておいたほうが無難です。

幅広い分野の視点から神戸の賃貸に対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

入居してしまってから二重ガラスやペアガラスに交換すればいいと思っていても、オーナーにしてみれば部屋は一部屋だけではないので対処してもらえません。

自分で工事費を出そうと思えば、一部屋で十五万円ぐらいかかってしまいます。

国道沿いの賃貸物件は騒音はどの程度、防音設備はどうか。


振動でガタガタ揺れることはないか。

Yahoo!ニュースの有益な情報を提供します。

排気ガスはどうか。


できれば夜の遅い時間にも騒音を確認して休日を快適に過ごすために振動もチエックしましょう。



とにかく入居してからでは遅くなってしまいますので、これらの問題は必ず契約を行う前に確認してください。