良好な状態を維持して神戸の賃貸物件に住み続けよう

subpage01

神戸市内の賃貸物件にある程度長い間住み続けるのであれば、いずれは転勤や学校の卒業などを機に退去することになる点を考えて、建物は良好な状態を維持しながら住み続けるべきです。

神戸の賃貸情報を集めました。

なぜかというと、退去時の建物の状態が酷いと、多額の原状回復費用を請求される場合があるからです。


神戸市内の賃貸物件に入居する際に結ぶ契約の中には、必ず退去時の原状回復に関する規定があります。もし、神戸市内の賃貸物件を引き払った後の調査で原状回復工事が必要と判断された場合、その代金はまず入居時に貸主に支払った保証金から賄われます。

もし、保証金からの充当で済んだ場合、残額は退去した住人に返還されますが、充当しきれない場合は超過分を支払わなければなりません。

朝日新聞デジタル情報サイトの利用価値をご存知ですか。

原状回復費用のうち、退去する住人が負担しなければならないのは、劣化および損傷が故意や過失が原因で生じた場合に限られており、管理規約や使用細則の範囲内で使用し続けた中で生じたものについては貸主側の負担となります。
しかし、貸主も借主も建物内部の状態を細やかに見ているわけでないため、原状回復範囲をめぐって争いが起きることがしばしばあります。



例えば、和室の畳が変色したり、フローリングが色褪せてしまっている場合は、通常の経年劣化であるため貸主の負担となりますが、ポスターを貼るために画鋲などで壁に穴を開けた場合や、便所や浴室にカビが繁殖している場合は、保証金もしくは借主の自費で修繕することになります。


一方、床に設置した家具の凹みや簡単には消えない跡が生じている場合、その場所に置かない限り凹みなどができないことから借主側の負担になるように考えられますが、通常の居住の中で発生しうる現象であると解釈され、貸主側が費用を負担することになるケースが多いです。